公開観客動員数


2012年6月中旬。
今年も・・「江戸前鱚」の季節がやって来ました!

例年だったら5月初旬には出掛けるところですが、
今年の東京湾は、ちょっと前まで「イシモチ釣り」で大賑わい。
異常なくらいの湧きで毎日クーラー満タンの大釣りの様子でした。

でも・・
キス好きのボクとしては、はっきりいってイシモチは邪魔者。(苦笑)
早く、イシモチがいなくなって、キス釣りにならないかなぁ〜と
ずっと心待ちにしていました。

5月中旬頃からやっとイシモチが沈静化したのですが、
今度は、梅雨入りしちゃって
雨の日が多くて、なかなか釣りに行けない。

2012年6月某日、
やっと天候が落ち着いたので
毎度の船宿、浦安「吉野屋」にお邪魔です。
(↑一年ぶり)




当日の気象情報

■船宿 千葉県浦安「吉野屋」
■潮周 長潮
■波 1m〜2mうねりを伴う
■天気 晴れ
■降水量 0.0mm
■気温 最低15.3℃、最高23.6℃
■湿度 58%
■風向・風速 東北東1〜4m/s
※気象庁当日発表資料(千葉県木更津港観測)


風向きだとちょっと肌寒いかな?
しかし、雨さえ降らなければ御の字です。


浦安「吉野屋」は、自宅からだと混んでいても概ね30分。
のんびりと午前6時過ぎに出掛ける。
(↑この時間なら寝不足にはならないので楽♪)


船宿に伺うと席札とって、出迎えてくれる「吉野社長」に
船代8,500円払って、「吉野屋謹製弁当」(300円)を注文する。
同席した常連さんと挨拶しつつ、お茶を頂いていると
お弁当ができて、奥さんから手渡しされる。
(毎度のパターン)

←結構、前からある湯呑みです。
店の前には、注連縄に提灯と紙垂。
地元のお祭り(浦安三社祭)が近いようです。
昨年と同じようにクーラーを軽トラに乗せようとしたら
「船着場近くに変わってますんで」・・と言われる。

←あれま。
本当に昔の船着場に戻っていますね。
水門工事もようやく佳境というところでしょうか?
←第十六吉野屋丸・・
別名「高田丸」(笑)/白鱚専用船

この東西線の真下から出るのが本来の「吉野屋」です。
今日も平日なので、通勤ラッシュでつぶれそうな人たちの
羨望な視線を強く感じつつ、釣り竿とクーラーを手に
颯爽と船に乗り込む瞬間が何とも快感です・・(ニヤリ)
7時過ぎ。
船に乗る前に「高田義弘船長」に挨拶して、乗船券と席札渡す。
席は、いつもの事ながら「高田義弘船長」に仕切られて
席札とぜんぜん違う場所になるけど、バランスよく巧い具合に
客を配置してくれるのは流石です。

←「はいよ!」・・と、貰うテンコ盛りの青イソメをプラ容器から
持参して来た“木の餌箱”に移す。(弱らないように暑さ対策)
←吉野屋の名物船長・・「高田義弘船長」です。
この船長を目当てに吉野屋のキス船に乗る客も多いですね。
(ボクも大ファンの一人です!)

なんとなく・・
昨年の千人面の頃よりちょっと髪の毛が短くなりました。
でも、相変わらずの愛嬌たっぷりの笑顔とパフォーマンスで
お客へのサービスは満点です!

「今日もヴショウジョ大漁間違いなし!任せなさい!」
釣り客8名乗せて、7時30分河岸払い。
いつものように旧江戸川を下って、
首都高速湾岸線の橋をくぐれば・・

ほ〜ら・・



あっという間に東京湾です。
(↑↑葛西臨海公園)

←何年かぶりにスピニングリールを新調しました。
ダイワ「カルディア2004」・・
PE0.6を100m巻いてあります。(軽くてドラグも良さげ)

竿は、10年以上ず〜っと一緒の「銀座東作」の鱚和竿、1.6m。

今年、2012年2月12日に完成したばかりの
「東京ゲートブリッジ」。



これによる各方面の経済効果は、大変期待されているようですが
今のところ観光でも通行でもあまり利用するチャンスはなさそうです。
(若洲から渡って何処へ抜けるのかも知らないし・・)


小一時間も走って・・(高田丸は、パワー不足で遅いのだ)
大型船が行き交う、東京湾ど真ん中の航路で停泊!
えっ?ココでキスやるの?!
(盤洲沖)

船を安定させたら・・
「ブー♪はい頑張って!」