公開観客動員数


このレポは、「復刻版」です。

レポの作成日が、2018年10月なので・・
今からちょうど7年4か月前の釣行記となります。
レポファイルが、サーバー移管で一度消滅しましたので
原画から掘り起こし、復活させました。


2011年06月22日(水)。

船宿は、浦安「吉野屋」。

例の大震災から3か月過ぎた頃です。
世の中が、すっかり暗くなって落ち込んでいますが
いつまでもそんなのではいけません。
元気よく前を向いて進みましょう。
・・と、自分に発奮して釣りに出掛けた頃のお話しです。

あ。そうそう・・
今は、伝説となっている「吉野屋」の名船長・・
「高田義弘船長」も登場します。
どうぞお楽しみ下さい♪







当日の気象情報

■日程 2011年06月22日(水)
■日の出/日の入り 04:24/18:59
■潮周 中潮
■波高 0.5m
■天気 晴れ
■降水量 0.0mm
■気温 最低22.4℃、最高31.5℃
■湿度 56%
■風向・風速 南西6m/s
※気象庁当日発表資料(千葉県木更津観測)

この年は、空梅雨だったようです。


6時45分に現着。

クルマをスタッフの指示通りに立体駐車場に入れて、
座席札を取ったら船宿に入る。
ダッシュでお弁当を注文。(常識)
その合間に受付をしている「吉野眞太朗社長」にご挨拶。
乗合代金を支払い、番号札貰って、弁当も頂いて
テクテクと船着場へ移動する。

平日なのにシロギス船を二杯も出すらしい。

しばらくして・・

「吉野屋」の名物船長のお出まし。

皆さんご存じ「高田義弘船長」です。
名船長であり、釣り名人であり、仙人でもある。www

「高田船長。写真撮らせて!」
と、言ったら・・


「いいよー!でもちょっと待ってて」
「カッコよくキメるから!」
・・だって。


んで・・
撮れた写真がコレ。


え?!さっきと一体ナニが違うんだろう???

「高田義弘船長」曰く、
咥えタバコやめて、クールでニヒルな感じを演じているとか。
(ほぉ)


ここで問題が発覚。

さっき取った座席札が、実は「高田義弘船長」の船ではない事がわかりました。
(ガーン!)

筆者らの船は、「栗林晋船長」が操舵する別船でした。

そうこう云っているうちに河岸払い。
(7時30分)

ま、いっか。
また、次の機会で「高田義弘船長」の船には乗れるでしょう。